東金市にて水路脇へ型枠ブロック工事を行いました。


東金市にて土留め擁壁工事

現在 東金市にて型枠ブロックを使用し、

水路脇へ土留め工事を行なっております。

現場は水路脇となり地盤は軟弱で、

土を掘れば水が湧き出てくるので

基礎を支持層までしっかり届く様に作らなくてはいけない場所となります。

土留め工事は基礎が一番重要!

土留め工事は基礎が重要です。

基礎をしっかり作る事で擁壁(土留め)の耐久年数は変わるもの、

そして基礎は地中へ隠れてしまうのでしっかり管理(写真)をする事が重要ですね。

当社のあんしんポイントの一つでもある、

施工管理!しっかり写真にて施工管理を行うのは当社の強みでもあります。

では現場の施工をご紹介!

型枠ブロック工事の施工の流れ

<工事前>

下記の様に水路脇へ型枠ブロック工事を行います。

地盤も軟弱地盤となる為、基礎は丈夫に造らなくてはいけません。

東金市にて型枠ブロック工事

東金市にて土留め工事が始まりました。

<準備工事>

草刈りを行い、型枠ブロックを設置する箇所を機械にて掘ります。

 型枠ブロック工事の流れ

掘削完了後は下記の様に水が溜まる状態です。

常に水中ポンプを使用し水替えを行っての作業。

土留め工事の施工方法

軟弱地盤対策として松杭を打ち込み、

支持層まで届かせます。

軟弱地盤へ松杭打込み基礎

砕石基礎は割栗を使用し、目潰しで砕石を敷均します。

 擁壁工事の基礎工事

型枠ブロック基礎の流れ軟弱地盤対策

割栗基礎の下は水が通っているので、

常に水替えを行っております。

外構工事でのブロック基礎工事

目潰し砕石完了!

目潰し砕石とは、割栗石の隙間へ細かな砕石を詰める作業の事です。

 砕石基礎の紹介

鉄筋組立完了。

ブロック工事の配筋紹介

基礎コンクリート打設完了。

新築外構工事での基礎工事

基礎完了後は型枠ブロックを積んで行き、

内部へコンクリートを流し込み硬化後は擁壁構造となります。

型枠ブロック積み状況

型枠ブロックの施工紹介

型枠擁壁工事の完成

埋戻しを完了し、工事引き渡しとなります。

型枠ブロック工事の完成

土留めブロックの完成紹介

型枠ブロック工事の完成

水路脇へ型枠ブロック工事を行いました。

土留め工事の完成

これで丈夫な型枠ブロックの完成となります。

型枠ブロック工事の流れは以上の流れで行い、

当社は細かな部分も全て写真管理を行っております。

もし途中でお客様が確認したくなった場合も、準備万全!

当社は全て写真管理を行っておりますので、

任せてください!

 

見えない部分も全て管理する会社!

『あんしん工事』の村上建設!を宜しくお願いします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当社がなぜ客様より選ばれるか、そして低価格でご提案できるか!

その答えは、、、、、こちらをクリック↓↓↓

bnr_mybest_b

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

千葉県にて木造解体・建物解体工事・店舗解体・内装解体・伐採工事のことなら、

千葉県で累計3,000件以上の解体実績

千葉県解体工事業協同組合加盟

創業33年の実績 『あんしん解体』の村上建設へお問合わせ下さい。

~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

土留め工事・RC擁壁工事・間知ブロック工事・アスファルト舗装工事のことなら、

千葉県入札参加企業  株式会社 村上建設へ

~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

新築外構工事のことなら、デザイン性×コストパフォーマンスの高い外構工事

      株式会社 村上建設へお問合わせ下さい。

~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

           当社の対応工事を細かくご紹介!

解体工事・・・木造解体・店舗解体・部分解体・工場解体・鉄骨造解体・RC造解体

ビル解体・内装解体・伐採工事・切離し解体・アスベスト処理

土木工事・・・土留工事・ブロック工事・型枠ブロック・間知ブロック・RC擁壁

       擁壁工事・宅地造成・土工事・下水道工事・水路工事・貯留槽工事

外構工事・・・新築外構・外構工事・リフォーム外構・駐車場工事・カーポート・

       造園工事・土間コンクリート工事・タイル工事・ブロック補修工事

建築工事・・・内装工事・外壁塗装工事・クロス張替え・屋根工事・ウッドデッキ

~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

解体の見積もりは無料です。電話一本ですぐに行います。 電話番号0120-77-4152 メールでの無料見積もり・ご相談はこちらから